家計のやりくりができない!今更聞けない40代女性の家計やりくり法

「家計のやりくりができない」と悩んでいませんか?

少し先には自分の老後も見えてた40代の今、お金の管理は難しいと感じている人は、ここで一旦お金の出入りを整理しておきましょう。

私自身もお金の管理はすごく苦手で、苦手なことには目を向けたくない気持ちはよーくわかりますが、まずはお金と向きあう事が大事。

やりくり下手な40代女性でも家計のやりくりができる様になるポイントをお伝えします。

家計のやりくりができない!今更聞けない40代女性の家計やりくり法

お金の出入りを知って無駄を省こう

家計のやりくりができない理由は何ですか?

収入が少ないからでしょうか?
ズボラだからでしょうか?

収入が少ないからやりくりができない場合は、お金の収支を知って生活レベルを身の丈に合ったものにする必要があります。
ズボラだからやりくりができない場合は、まずはお金の流れを確認する作業自体が必要ですね。

どちらにしても改善するためには、今使っているお金がどれくらいかお金の出入りを知ることがスタートです。そして行動を変えていきましょう。

そのためには、やっぱり家計簿が有効なのですが、、、私は苦手です。

もしも、忙しくて毎日つけることができないなら、まとめてつけてもOK。

とにかく、自分がどんな出費をどのくらいしているかをざっくりでも知ることが重要なので、毎日付けなくてもOKです。2、3日おきにでも良いので、必ず確認することを習慣にしましょう。

そうすることで、

「(スーパーより価格が割高な)コンビニの利用が多いな」
「毎日買い物に行っているのは時間の無駄」
「必要でないものもつい買ってしまった」

などなど無駄が多いことに気が付くはずですよね。
分かっていても実際意識して考えることで、自分の行動が変わってくるようにもなります。

これまでの様に何となくお金を使って、贅沢をしているつもりもないのにいつもギリギリという状況では、いつかお金が無くなってしまします。

お金を計画的に使えるようになるために、面倒でも癖付けができるまでは、溜めたレシートだけでも頑張って確認してみるようにしましょう。

カードの支払いも必ず確認

カードでの支払いは簡単で便利ですが、支払い自体を後回しにしている状態です。

先に商品を受け取って満足してしまって、1か月後のカードの支払い時には「何の料金かわからない」という状況、ありませんか?

必ず定期的に支払いの内訳を確認する様にしましょう。

カード利用は、手元にお金がなくても商品を購入することができるので、無計画でいると給料の範囲内で支払い可能かどうかということも分からなくなってしまいます。

カード管理が苦手な場合は、今のカード利用を一旦整理して清算してから、現金払いにシフトしていきましょう。現金払いは、当然ですが、お金が少なくなることが一目瞭然なので有効です。

固定費を見直す

固定費とは、毎日の行動に関係なく定期的に一定額がかかる費用のことです。

その中で特に、削減しても困らないものや家計の支出に占める割合が大きいものについて見直しましょう。

固定費を一回コスト削減できれば、継続的して節約効果が得られるので、削減できる金額が大きければ大きいほど、うれしいですよね。

「住居費」⇒安いところに引っ越すことができれば大幅な削減になりますね。
「通信費」⇒格安スマホを利用すると格段に安く済みます。

その他、電気とガスの会社を統一するなど、最近では纏めて全体の料金が抑えられるプランなどがありますよね。一度、今の契約内容を見直すようにして下さい。

年間で支払うものは月割りで

年払いで支払っている税金や保険料、浄化槽の清掃代やNHKの料金などは、纏めて支払う分大きな出費。

一回で支払いをすると、支払い月はキツイですよね。

そういった場合は、月額ではいくらになるかを割り出してみましょう。

その金額を月々少しずつ貯めておけば、支払い月に苦しい思いをしなくて済みますよ。

車の車検も、3年に一度、二年に一度と決まっていますから、出来るだけ月割りで貯めておくことがおススメです。

使える金額を決めておく

無駄な出費を控える為に、使えるお金の目標金額を決めておくことはとても役に立ちます。

例えば、「一週間に使える額は1万円」と決めて、それ以上は使わないようにやりくりします。

1万円内で食費や日用品のやりくりをすれば、無駄に買い物ができなくなりますし、必然的に出費へ注目するようにもなります。

上手くやりくりして余った分は、貯蓄に回すようにして下さいね。貯金箱が活躍しますよ。

自動的に貯金ができる仕組みづくりを

1か月の給料の中から金額を決めて、少しづつでも毎月貯金に回す仕組みを作りましょう。

仕組みづくりのポイントは一つだけです。

「自動的に」「定期的に」「定額を」引き落として積み立ててくれる仕組みをセットして、勝手にお金が貯まる仕組みを作ること。

有無を言わさず、お金が入る給料日に、優先して、無理なく決めた金額を、引き落とす状況を作ればOKということです。

会社の給与天引きを利用しても良いですし、直接銀行のATMなどに設置してある定期預金の申込をすれば良いだけです。

自分の意志に関わらず、貯金ができます。これならあなたにも絶対できます。

まとめ

家計がやりくりできない人は、まずはお金と向き合いましょう。

お金の流れを把握することは、苦手な人にとってはものすごく嫌なこと。
ですが、知らなければ管理はできません。

頑張って少しづつでも意識することでお金を有効に使える楽しさを知ることもできます。
今回お伝えしたポイントをぜひ参考にしてみてくださいね。

お金に振り回されない女性は素敵。やってみる価値は絶大ですよ。

 

〈↓↓応援お願いします!〉

にほんブログ村 その他日記ブログ ロストジェネレーション世代へ


日記・雑談(40歳代)ランキング