40代独身女性の貯金額はいくら?安心して暮らせる理想の貯金額は?

40代の独身女性にとって、これから先どれくらいのお金が必要になるか知ってますか?

「仕事のこと」「自分の健康のこと」「家族の介護のこと」日々、色々な事情を抱えて頑張っている私たち。将来必ず来る老後のためにも、今から貯金について考えておくことはとても重要です。

理想の貯金額を知って、将来の不安を取り除いていきましょう。
まずは、現状の平均貯金額から見ていきましょうね。

40代独身女性の貯金額はいくら?安心して暮らせる理想の貯金額は?

40代独身女性の平均貯金額 みんなどれくらい貯金してるの?

総務省の平成26年度全国消費実態調査によると、40代の独身女性の平均貯金額は959万円。

えーーーっ!
かなりの高額貯金でびっくりですよね。

ですが、「平均値」では、ごく一部の高額回答に引き上げられてしまうという側面があるので、実態に則した値を見るためには「中央値」が参考になります。

40代独身女性の貯金額の「中央値」は約500万円。
同調査で平均年収が394万円とされているので、年収の約1.25倍の貯金額となります。

この金額、あなたの貯金額と比較してみていかがですか?

また一方で、金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(2018年)」でも統計があるように、40代独身世帯で「貯蓄ゼロ」という人も。

私たち40代は、正社員か非正規社員かなどの働き方の違いによって大きく給与額が異なる世代でもあり、そのため、貯蓄できる人とできない人の差が激しい世代なのです。

40代独身女性が安心して暮らせる理想の貯金額は?計算してみよう!

では、40代独身女性の理想の貯金額はいくらくらいなのでしょうか。

実際、近い将来には様々なライフスタイルの変化が予想されますよね。
自分の健康や体調による生活の変化や、仕事のポジションや働き方の見直しによる環境の変化。
また、親の介護がはじまる年代でもあり…

これらの変化に併せて自分の老後のことを考えると、健康で収入がある時はまだ良いのですが、
お金の不安はぬぐえませんよね。

では、実際にいくらくらい貯金があれば安心なのか、理想の貯金額を考えてみましょう。

理想の貯金額を算出するには、
「収入額の約何倍」という考え方と「支出額の約何倍」という2通りの考え方がるのですが、「支出額の約何倍」で計算していくとより実態に則した
数字になります。

その理由は、女性はライフイベントや環境の変化で、時に大きく収入が変化する場合があるからです。それに比べて、毎月生活していくための支出額は、それ程大きな変化がないので、より実態に則した額を知ることができるのです。

◇必須の貯金額 年間支出額の1倍 → 1年間暮らせる額
◇目標の貯金額 年間支出額の3倍 → 3年間暮らせる額
◇理想の貯金額 年間支出額の5倍 → 5年間暮らせる額 

理想の貯金額を知るには、まずあなたの支出額を把握することから始めましょう!

これから貯金を増やすために

貯金は今からでも遅くはありません。40代独身女性も貯金はしっかり増やせます。これから貯金を始めていくなら、こんな方法も試してくださいね。

■家計の見直し

40代独身で貯金ができない場合はお金を使い過ぎている可能性が高いので、必ず家計の見直しを行いましょう。
家計の見直しで重要なのは、全体を把握するということと固定費の削減です。

1.家計全体を把握

一ヶ月の支出をざっくり、住居費や食費、通信費、娯楽費といった項目ごとに分けみましょう。
そうすることでムダな出費が見えてきます。
自分が何にどれだけのお金を使っているのか、それは必要な支出なのかをきちんと把握しましょう。

2.固定費の削減

固定費は一度削減すればそれ以降ずっと削減効果が出るので優先的に見直しをすると良いですよ。
まず、親との同居や家賃の安い部屋に引っ越すことで固定費を大幅に減らすことができます。
その他、携帯を安いプランに変更したり、保険の見直しを行うことでも大きな削減になります。

■クレジットカードを解約する

毎月のお金をどうしても使い過ぎてしまうという場合は、クレジットカードの利用をやめるのも手です。
買い物をする時点で口座にお金が無くても利用ができるので便利な反面、貯金の邪魔をしてしまいます。

手元の現金が今月使える金額のすべてという状態にすれば、嫌でも買い物のたびに残金を意識して生活するようになります。お金の貯まる習慣を身につけるまで、クレジットカードの解約をすることも有効ですよ。

■給与天引きで貯金にまわす

給与天引きは、給料支給額から一定金額を引いて強制的に貯金することです。
いつもの口座にお金があれば、つい衝動買いなどをしてしまう人にとっては簡単に出金できない仕組みが、貯金の大きな助けになります!

また、会社の福利厚生制度の財形貯蓄を利用するのも良いですね。給与天引きで財形貯蓄専用口座に自動的に貯蓄されます。利率が高い場合が多く、利子に対しても一定金額までは非課税となるなどメリットのもあるので、会社で制度があるか確認してみてくださいね。

まとめ

40代独身女性の「平均貯金額」と「理想の貯金額」。あなたの貯金額と比較していかがでしたか?

お金の不安から脱出するためには、まずは、はっきりと自分の状況を知ること。そのうえで、不足部分を補うことができれば、無駄な心配はいりません。

とはいえ、お金に向きあうのは苦手!家計簿は続かないわ…という人も絶対いますよね?
また、今まで生活が一生懸命で貯金にまで回すことができなかったという場合もあると思います。

わかりますよ~!なぜなら私がそうだから。
でも、お金のことを知ってお金に強くなると、将来が必ず明るくなります!

「わたしらしく」楽しく生きるために、ぜひ参考にしてくださいね。